スマホの保険を徹底的調べてみました。一番いい保険は何?

女性がスマホを見ている お得情報
私の現在の保険加入済端末
私と家族のiPhone2台 apple care+2年間14,800×2=29,600円
+
Macbook1台 apple care+3年分23,800円
合計53,400円
ですが調べた結果、セゾンカード(携行品損害補償)にした場合は
月額300円で2年で7,200円・3年で合計10,800円になります。
53,400円ー10,800円=3年間で42,600円お得

apple careは保険というより、サポートが充実しているので、そちらをメインに考えている方はいくら高くても
apple careの方がいいと思います。
スマホの保険について、みなさんどう思いますか?購入時に勧められた、キャリアの保険かapple careに加入してませんか?私の現状で概算したら3年間で42,600円損していました。

保険にも色々種類があると思いますが、「購入時にキャリアに勧められた保険に入った」という方がほとんどでしょう。ではそれ以外にどんな保険があるか、どの保険が一番コストが安く安心でできるのか、知らべてみました。
[outline]

キャリアで入る保険

「キャリアで入る保険」これは購入時か購入から何日以内と決められているので、中古で購入した、端末などは途中から加入できない。

docomoausoftbank
android500円/月 
6,000円/年
380円/月
4560円/年
600円/月 
7,200円/年
自己負担額約7,500円約7,500円約7,500円
iPhone750円/月
9,000円/年
890円/月
10,680円/年
830円/月
9,960円/年
自己負担額11,000円11,800円11,800円

キャリアとは別に加入できるモバイル保険

モバイル補償ー株式会社MRG

モバイル補償は株式会社MRGが運営するモバイル保険です。馴染みのない名前です。設立年月は2010年5月、資本金2,250万円の今後成長が期待できる会社ではないでしょうか?資本金が少ない気もしますが・・・
加入条件は新品購入とショップでの中古購入が対象です。但し譲渡品やオークションなどで落札した端末などは対象にはなりません。ヤフオクやフリマでの購入や知人から貰ったものは加入できません。
またスマートウォッチと携帯ゲーム機は加入できません。また国内の事故のみで、海外での事故には対応していません。紛失・盗難は対象外です。全損・一部損・水没が対象となります。

保険名モバイル補償
シンプルコース
モバイル補償
スタンダードコース
モバイル補償
プレミアムコース
料金月/400円月/600円月/800円
契約台数1契約1台1契約1台1契約1台
年間補償回数年3回年3回無制限
年間補償限度額5万10万10万
全損(修理不能)端末購入価格or30,000円の低い方端末購入価格or40,000円の低い方端末購入価格or50,000円の低い方
一部損10,000円20,000円30,000円
水濡れ10,000円10,000円10,000円

モバイル保険ーさくら少額短期保険株式会社

モバイル保障はさくら少額短期保険株式会社が運営するモバイル保険です。設立年月日は2006年6月9日、資本金は225,000,000円の安心できる会社のようです。加入条件は新品購入で1年未満の端末と、中古でも国内メーカーが販売し中古ショップの3か月保障が付いていれば加入対象です。譲渡品やオークションなどで落札した端末などは対象にはなりません。モバイル保険の特徴は1つの契約で3台まで加入可能という事です。近年スマホやタブレット、サブ機など端末を複数台所有している方も多いいかと思います。実際、私もスマホ5台・タブレット2台・ノートPC3台・3DS2台・switch1台を所有しております。加入可能なものは、スマートフォン、タブレットに加えスマートウッチ・ゲーム機・音楽プレイヤー・モバイルルーター、さらにノートPCも加入可能です。例えば主端末をノートPCにしてスマホとタブレットを副端末として加入する事が出来ます。国内での事故のみ対応で、破損・損壊・水漏れ全損・故障・盗難が補償されます。盗難が入っているのは安心です。

保険名モバイル保険
料金700円/月
契約台数1契約3台【主1台・副2台】
年間補償回数1年間10万円以内なら何度でも
年間補償限度額10万
主端末
修理可能な場合
最大100,000円
副端末
修理可能な場合
最大30,000円
※2台合計
主端末
修理不能の場合
登録端末の購入金額
もしくは25,000円いずれか低い金額
副端末
修理不能の場合
登録端末の購入金額
もしくは7,500円いずれか低い金額

スマート補償(S)

スマート保障(S)は株式会社セールスパートナーが運営するモバイル保険です。設立年月日は2006年12月15日、資本金は1億円の安心できる会社のようです。調べてみたのですが現在は新規登録ができないみたいです。残念です。

生命保険等の特約でカバーする方法

生命保険に加入している方がほとんどだと思います。加入している保険に「携行品特約」という外出中に持物を破損した時に保険が適用されます。この携行品にスマホやノートPCは対象外の保険会社が多いいのですが、スマホやノートPCも対象となっている保険会社もあるみたいなので調べてみてください。ちなみに確認できた保険会社を紹介していきます。

「JA共済」「AIG損害保険」の「携行品特約」

実際に父がJA共済の自動車保険に加入していて、子供の学資保険も加入しているので支店に直接聞いてみましたが、私の住んでる地域には「その特約が付けれる保険の取り扱いがない」との事。また「自動車保険や学資保険にも付けれない」とのことでした。担当者も「えっ」って感じでしたので、もしかしたら知らないだけの可能性もあります。またJA共済やAIG損害保険の携行品特約がモバイル保険の代わりになる!と一気に広まってしまったので月額3・4千円位の保険に入らないと携行品特約が付けれなくなった、という報告があったので厳しいかもしれませんが、ご自身の生命保険などを一度確認したほうがいいと思います。
現在AIG損保に問い合わせ中です。わかり次第更新致します。しばらくお待ちください。

追加 問い合わせて調べった結果、もちろん携帯品特約単体では入れないので、年間約2万の生命保険に入らないと携行品特約は入れないとの事でした。また眼鏡は対象外です。残念です。※私の場合ですので、もし加入している方は聞いてみてください。

クレジットカードのお買物安心プランを使う

「セゾンカードを契約しお買物安心プラン 充実コースのに入る」という方法、セゾンガードは、一年に一回使用していれば、年会費無料となります。そこに月額300円で「スーパーバリュープラス お買物安心プラン 充実コース」に申し込むと、使える保険です。償補害損品行携ですのであくまでも外出時の事故に対する保険です。住宅内での事故は補償外です。

商品名スーパーバリュープラス
料金月/300円
補償限度額年/10万円
現金の紛失などは年/3万円
自己負担額1000円

おそらくスマホの保険に関してこれほどいい条件で加入できる保険はありません。特に今までの経験上、外出時にスマホ落とす事が多いいのですし、他の携行品も適応できるので、私はこのセゾンカードのスーパーバリュープラス携行品損害補償に入る事に決めました。

セゾンカード「スーパーバリュープラス」に付きまししては別の記事で詳しくご説明させていただきます。

まとめ

スマホの保険を調べている内に
【キャリアの保険】
高い、1台づつ

【モバイル保険・モバイル補償】
少し安い、3台も入れる

【JA共済・AIG損保の携行品保障特約】
すごく安い、スマホ以外にも使える

【セゾンカードのスーパーバリュープラスの携行品損害補償】
安い、スマホ以外にも使える同居の家族の物も使える

結果セゾンカードが圧勝でした。どの保険もそうですが、一定期間で修正が入り条件が変わる事もあります。ご加入時は改めてご確認をお願いいたします。
モバイル保険 比較した結果【セゾンカードの携行品損害補償】がすごい事がわかりました。
スマホの保険について調べれいたら【セゾンカードのSuper Value Plus(スーパーバリュープラス)の携行品損害補償】がすごくいいと言う事が分かりました。具体的に何がすごくいいのか説明していきます。実際にiPho...

写真:rawpixel on Unsplash

コメント

  1. […] モバイル保険 比較【スマホの保険】いくら払ってますか?と をご覧ください!! […]

タイトルとURLをコピーしました